Markdown投稿テストとちょっとした紹介

ブログの投稿のフォーマットをMarkdownn + pretty syntax highloghterに変更しました。Githubやtracのドキュメントに利用されている、軽量マークアップ言語です。今まで必要に迫られたときに限ってGoogle検索しながら、ちまちまと書いていましたが、ちゃんと覚えたいので自鯖のwordpressにプラグインを入れました。

markdown -wikipedia-

復習と動作確認のために、ひと通り文法を紹介したいと思います。

●段落

段落は空行を挿入するだけでわけられます。
(以下サンプル)

この段落は1つめの段落です。この段落は1つめの段落です。この段落は1つめの段落です。この段落は1つめの段落です。この段落は1つめの段落です。この段落は1つめの段落です。この段落は1つめの段落です。

この段落は2つめの段落です。この段落は2つめの段落です。この段落は2つめの段落です。この段落は2つめの段落です。この段落は2つめの段落です。この段落は2つめの段落です。この段落は2つめの段落です。

●見出し

HTMLタグでいうh1やh2のように、見出しを表示したいときに利用します。
(以下サンプル)

A

B

C

D

E

H1TITLE

H2TITLE

●テキストの強調

文章中に強調して表示したい箇所に利用します。
(以下サンプル)

僕はカメラが大好きです

僕は佐々木希が大好きです

わかりづらいですが、カメラのほうは「大好き」が斜体で表示されています。
強調にも二段階あって、斜体->太字、というようになっています。

リスト

リストにはHTMLと同じく、インデックス有りと無しの二種類があります。

  • C言語
  • Java
  • Ruby
  • Python
  • Javascript
    • Coffee script
    • Type Script

  1. Facebook
  2. twitter
  3. Google+
  4. mixi

引用

どこか他の場所から文章を引用したときなんかに利用します。
(以下サンプル)

“本機はPlayStation 3 (PS3) の次世代機となる、第8世代に属する家庭用ゲーム機である。
この開発にあたっては、性能向上と引き換えにソフト開発を困難にさせていた[2][3]前世代機のPS3から一転、ゲーム開発者の力を活かすことが最優先とされた[4]。メインプロセッサーには、PS2のEmotion Engine、PS3のCellと、新開発のCPUを採用していたこれまでの流れから変わって、本機では既成CPUのカスタム品が用いられている。そのアーキテクチャーには、PCにおいて一般的に使用され普及している事から、開発者にとって親和性が高いx86-64が採用され、開発を比較的容易にしているとされる[5]。”

これはwikipediaからplaystation4の記事を引用した例です。

リンク

文章中にハイパーリンクを挿入したいときに利用します。これにはいくつかの記法がありますが、一番簡単なものをここでおさらいします。
(以下サンプル)

x86 -wikipedia-
ARMアーキテクチャ -wikipedia-

水平線

文章中に水平線を挿入します。

“1行の中に、3つ以上のハイフンやアスタリスク・アンダースコアだけを並べると水平線が作られる。ハイフンやアスタリスクのあいだには空白を入れてもよい。以下の行はすべて水平線を生成する:”

ということらしいです。(以下サンプル)





4つの水平線が表示されていますね。

最後に僕の課題

ひと通り基本的な文法を押さえたうえでWordpressに内蔵されているエディタで書いてみたんですが、とにかく面倒くさい!!

WEBフォーム上で、Markdown記法でブログを書くのは、ちょっと骨が折れますね・・・

原因として考えられるのは以下

  1. インデントがTabキーでできない
  2. 表示領域が限られている(Markdownに限ったことではないですが)
  3. リンクの挿入したいときに、[]や()などを書くのが面倒くさい(コーディングに利用しているエディタとくらべて、という意味で)
  4. まだ考える前にタイピングできるほどMarkdownの記法が馴染んでない。

ということだと思います。

ここで考えたのが、いつもコーディングに利用しているSublimetext2を使い、Markdownでブログ記事を記述。それをWordpressでインポートすれば、問題が解決できるのではないか、と思いました。

プラグインを探してみたらすぐに見つかりました。

sublimetext markdown preview

これを利用してみます。インストール方法などは記事がいくつもあるので参照してみてください。

デフォルトのキーバインドはcommand + option + o(英小文字のオー)らしいのですが、僕は既存のキーバインドと衝突があるので、alt + m に変更しました。(変更はkey Binding の Userで)

Screen Shot 2013-06-17 at 11.44.11

こんな感じでマークアップしたものを alt + m を押すことで、ブラウザが起動し、

Screen Shot 2013-06-17 at 11.45.04

このようにプレビューが表示されます。ブログも使い慣れているエディタで書けるようになりました。
ばっちり!!

GithubのREADME.mdは全てこの機能を内包し、少しの独自機能が加わったものです。わからない書き方があれば、GithubにあるREADME.mdのソースを見るのもいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です