[Github 検索 ソースコード]Githubのリポジトリから欲しいソースを探しまくる

前回はGoogleの検索オプションに関して、ざっくり書いたんですが、プログラムを
書く身としては、よりソースコードレベルで、欲しい情報があることはよくあります。

公開されているソースコードはGoogle検索でも見つけることが出来ることもありますが、
公式リファレンスだと、「ちょっとこういうケースじゃないんだよなぁ・・・」ということ
はあると思います。

そこでGitのホスティングサービスとして最も巨大なGithubの中の公開されているコードから、
自分の知りたい関数や、記法、などなどを調べることが出来て、一覧に出てきたら便利ですね

いつだったか忘れましたが(確か今年はじめくらい・・・?)Githubの検索機能が大幅にアップ
して、ソースコード検索を簡単にできるようになりました。

こちらもGoogleと同じように、オプションが公開されていますので、試しながら紹介していきます。


1. 特定のユーザのリポジトリを検索する

例:sample @KentaKomai

KentaKomaiというユーザのなかから、sampleというキーワードが
含まれるソースコードを検索します

2. 特定のリポジトリから検索する

例: sample repo:KentaKomai/warehouse

これで、KentaKomaiのwarehouseというリポジトリからsampleというキーワード
が含まれるソースコードを検索します。

3. 特定の拡張子を検索する

例: extention:php sample

拡張子をphpに限定して、そのうちからsampleというキーワードを
含まれるソースコードを検索します。

4. 特定のパスから検索する

例: path:docs/ sample

リポジトリ内の docs/というディレクトリ内のsampleというキーワードを
含むソースコードを検索します。


Githubの検索は

  1. リポジトリ検索
  2. コード検索
  3. Issue検索
  4. ユーザ検索

Screen Shot 2013-06-29 at 1.14.18

の四種類があり、一度に全ての結果を表示はできないので、上記のサンプルを
試すときは、コード検索を選択してくださいね。

他にもユーザ自体を検索したり、ソースコードのサイズを指定したり、更新日時や、fork数、
issueの検索などなど、基本的にパブリックにされているものはなんでも検索できるみたいですが、
今回はソースコードに限定して、より使いやすいものを紹介しました。

Githubで新しい検索方法が実装されたときは、誤ってアップロードされたSSH秘密鍵や
SQLインジェクションが通るようなコードがドンピシャで検索されたりと、色々と話題にも
なったみたいですが、プログラミングする人にとって、この機能は死ぬほどありがたいですね。

公式リファレンス見て、「んーよくわかんねー」なんて時は、githubで実際に誰かが書いたコード
をいくつか見ると、もしかしたら自分のニーズにマッチングしたものが見つかるかもしれません

公式のリンク貼っておきます。色々検索できて面白いです。

Github search

[Github 検索 ソースコード]Githubのリポジトリから欲しいソースを探しまくる」への1件のフィードバック

  1. 特定の拡張子を検索するオプションですが,extention -> extension ですね。笑
    とても参考になりました。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です