EC2,AmazonLinuxに古いJava関連ミドルウェアをインストールする

いわゆるjavaのWEBアプリケーションの環境。
古い物理的なサーバの環境をAWSとかに移したいときに。

これはそれぞれ違うと思いますが基本的には/usr以下にインストールしてます

1. 最初から入っているjavaをアンインストールして任意のバージョンを入れる

インストールしたいjavaのrpmパッケージは事前に対象サーバに
scp等で配置しておいてください。(Oracleのサイトからダウンロードできます)

2. Antをインストールする

これは入れとけって言われたから入れただけで
どんなふうに使ってるのかよくわかんないので、
ダウンロードしてパス通しただけですが。

ここまでやって再ログイン

でバージョン情報出てくればOKです。

3. mysqlを入れる

4. Tomcatを入れる

5. httpdを入れる

インストールするだけならこれでOKなんですが、大概プラグイン必要ですよね。
そんなときはソースコードがあれば、後からでも入れることができます。
(インストール時に指定することもできますが、最低限で載せました。後で追加するほうが使いやすいし)

下記はmod_proxyとmod_rewrite関連を入れたコマンド

6. (補足)時刻をUTFにする

7. (補足)起動スクリプトどうするか

httpdもtomcatもパッケージ管理ソフトとかで入れないと、起動スクリプトはないです。
ので自分で書く必要があります。と言ってもパス変更するだけで、大概は動くので
どっかからyumでインストールしたときに一緒についてきた起動スクリプトをもってきちゃいましょう。

パスはちゃんと変更してあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です