[Unity] Unityちゃんのサンプルプロジェクトをしらべてみる2

導入

かっこいいエフェクトとか、演出したいんだけどどこから手をつけていいか
全然わからかったので、とりあえず動かせて、ソースコードが全部公開されてる、
なおかつかっこいいサンプルプロジェクトを探してました。

で、公開されたのは結構前みたいですが、Unityちゃんが踊るサンプルプロジェクトが
公式で公開されていたので、これを参考にしてみることにしました。

サンプルプロジェクトの動かし方とか、そういうのは配布ページ等を参照してください。

※前提としてこれを書いてる人は、プログラムとかはある程度仕事でやってるけど
3DCGやらUnity歴一ヶ月弱程度で、理解が追いついていない部分が多々あるかともいます。。。
なにか間違ったことを言っていればTwitter等で教えていただけれると喜びます!

前回は

  • AppConfig
  • StageDirector
  • MusicPlayerPrefab
  • CameraRigPrefab

について見ていきました。
今回は StageDirectorがもっているobjectsNeedsActivation
に含まれているConfettiというPrefabを見ていきます。

※本当はstageも一緒にやろうと思ったけどstageでかすぎるので別記事で。

Confetti (紙吹雪)

再生すると画面全体にキラキラと光る紙吹雪が舞っていますが
それを制御しているPrefabがこちら。

Shaderもオリジナルのものが使われているので
それも見ていきます。

Confettiは

  • 2つのPerticleSystemと
  • 1つのDirectionalRight

をもっています。

そして自身にPropActicator.csがアタッチされています。
ソースコードは以下

自身が持つコンポーネントを全て有効にしているだけです。

それではPerticleSystemを見ていきます。
設定全部書いてると結構たいへんなので、大事そうな部分だけ上げていきます。

2つのPerticleSystemに共通している項目

  • Shape:box
  • MaxPerticle:8000
  • Emission:有効
  • ForceOverLifetime:ランダムな方向に力を加える
  • RotationOverLifetime:くるくる回転させる
  • Renderer: メッシュを3種類指定
  • シェーダーはConfetti.shader

シェーダーはColor, Alpha, Emissionを設定するだけの
超シンプルなサーフェースシェーダー

メインカメラに設定されているポストエフェクトで、いい感じになってますが、
実際はシンプルなものの組み合わせ、でした。

ライセンス

この記事の内容は以下のライセンスで提供されます

© Unity Technologies Japan/UCL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です