[Docker]入門したときのメモ

ようやくDocker触ったので、MacOSX 10.12.1 Sierra で
動かしたときのメモ

インストール

公式でMacOSX向けバイナリが公開されているので、それ入れるだけ。
雑だけど、確認とかは省略します。

Get started with Docker for Mac

DockerVM

MacOS(とおそらくWindowsも)では、ネイティブでDockerを動かすことが
できないため、VirtualBox内にDockerコンテナを立てる専用の
VMを作成する必要があります。

そのあたりをやってくれるのが、dcoker-machineコマンド

一回作れば、毎回実行する必要はないです。

これだけで使えるわけではなく、docker-machineは複数作ることもできるため、
どのdocker-machineを利用するか、を指定しなくてはいけません。

以下のコマンドで、設定用のスクリプトを出力することができます。

一番下の2行に書いてある通り、これをシェルに設定します。

ちゃんと設定できたか、は以下のコマンドのActiveという列で確認できます。

ここまででdockerを使う準備ができました。

Dockerを使ってみる

調べてる過程で既にまとまってるものがたくさんあったので、いくつか載せさせて
いただきます。

ここでは最低限の、ものを紹介します。

docker runには多くのオプションがあるので、別途公式リファレンス
を貼っておきます。

Docker runリファレンス

こんな感じかなー。最低限だと。

まぁこれだけだと、Dockerうごいたー、コンテナ作れたー、で終わっちゃうので
Dockerfileも。

Dockerfileをつかってイメージを拡張する

最低限のものをとりあえず

公式で配布されてるcentosイメージにvimをインストールしてみた
だけのもの

これをビルドしてイメージ化する

そうするとダラダラとログが出てきた後、最後にイメージIDが出てきます。
例としてccdab2c4310bだとすると

するとそのイメージでコンテナを起動できます。
vimがインストールされていることも確認できると思います。

コマンドは色々あるので、下記を参照してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です